やすはら鍼灸院からのご挨拶


子どものころ身体が弱く、妹はアトピー体質でした。

病院からはじまり、整体・指圧・マッサージ・精食(特定淡白やアレルギー除去食)・漢方薬や健康体操など、様々な治療をためしにあちこち連れて行かれました

鍼灸院にも連れて行かれ、子ども心に「ハリやお灸って不思議だな」と思ったことがきっかけで、それが現在の職業になっています。

 

開業のきっかけは、自身が40代を迎えたことでした。

家庭と仕事のめまぐるしい日々を送る中、とても疲れやすくなっていました。

・疲れてしんどいが、病院にいっても薬しかもらえない、気分的にかわらない

・気分がすっきりしないためイライラする

・身体を楽にしたくても、どこに行けばいいのかわからない

 今から思えば疲労がベースにありましたが、女性の身体は年代の移り変わりで体調の不安・不調を感じやすくなります。

同じ悩みをお持ちの方に、女性であり鍼灸師でもある私が対応できるのではないだろうか。

その気持ちから開業へとつながり、現在に至ります。

 

当院の治療は痛みや熱さはなく、身体に心地よい鍼灸治療を行っています。

不調を取り除き、個人の身体を良い状態に底上げする、それが鍼灸の一番の作用と思っています。

健康とは何かを一緒に考え、年代を越えてよりよいライフスタイルを保てるよう、長くお付き合いできればと思います。

                 やすはら鍼灸院 安原ミズキ